セキスイハイムpresents

アーツ&クラフツ商会

【放送】
毎月 第一および第三月曜日
夜11:00~11:30
ナビゲータ/坂井真紀

番組概要

TOP > 番組概要

番組概要

タイトル / 「セキスイハイム presents アーツ&クラフツ商會」
放送局 / BS朝日
放送時間 / 毎月 第一および第三月曜日 夜11:00〜11:30
出演 / 坂井真紀
(女優、「アーツ&クラフツ商會」五代目店主・柳たくみ役)
企画・監修 / 小山薫堂(放送作家、脚本家)
提供 / セキスイハイム

アーツ&クラフツ商會とは…

芸術が生み出す最も重要なもので、最も憧れるものは
何かと問われたなら私は“美しい家”だと答えよう。
― ウィリアム・モリス


理想の暮らしとは、一体どのようなものなのでしょうか。
先人の教えに、それを知る手掛かりがあります。

時は19世紀後半のイギリス。
産業革命の大量生産により、
モノ作りにおける伝統的な職人の手仕事が失われ、
人々の暮らしは画一的で味気ないものに変わり果てていました。

そんな状況に危機感を抱いたひとりのデザイナーがいました。
モダンデザインの父と称されるウィリアム・モリスです。

古き良き時代の熟練職人による質の高い工芸品の良さを見直し、
現在のライフスタイルに取り入れよう


モリスの呼びかけに多くの芸術家やデザイナーが賛同し、
家具や食器など伝統の手仕事を取り入れた様々な商品が作りだされ、
人々の美と暮らしに対する考え方に大きな革命をもたらしました。
世に言うアーツ&クラフツ運動です。

あれから120年余り。
ここは都内某所にある住宅展示場。
でも、ただのショールームではありません。

住まいと暮らしにこだわるお客様のために、
知る人ぞ知る、隠し部屋を設けているのです。
本物を追求する趣味人だけが入ることを許されたその部屋の名は・・・

「アーツ&クラフツ商會」
ここは職人の手仕事に光をあて、新たな扉を開く秘密のサロン。
あなたも、長い時間に磨かれた本当の美をお求めなら、
ぜひこの秘密のサロンへお越しください。
理想の暮らしと出会えるはずです。
ご来店をお待ちしています。

アーツ&クラフツ商會 五代目店主
柳 たくみ(やなぎたくみ)《旧姓 森須》


日本のものづくりを愛してやまない
五代目店主・柳たくみ(やなぎ・たくみ)は、
住宅展示場のショールームにある秘密のお部屋
「アーツ&クラフツ商会」を密かに営業している。
技を活かした商会独自のニュークラフツも考案し、
理想の暮らしへのヒントを提案してくれる。

PROFILE:坂井 真紀(さかいまき)

1970年東京都生まれ。
出演したCMが話題を呼び1992年女優デビュー。
その後、数々のドラマや映画などに出演。代表作に、
映画「スープ・オペラ」、「ノン子36歳(家事手伝い)」、
「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」などがある。
近年は、映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」
(2016年2月6日公開)、「KANO〜1931海の向こうの甲子園〜」、
ドラマ「偽装の夫婦」、「破裂」などに出演しており、
シリアスからコメディまで独自の世界観でこなす実力派女優。

写真:Takanori Sasaki

アーツ&クラフツ商會 四代目店主
森須 護(もりすまもる)


四代目店主としてウィリアム・モリスの意思を受け継ぐ小さなお店
「アーツ&クラフツ商會」を東京の片隅でひっそりと営んでいたが、
突然の仕入れの旅に出てしまい音信不通。

企画・監修 / 小山薫堂からのメッセージ

なぜか愛着がわき、自分にとって時を経ても価値が続くモノってありますよね。手に入れたときの想いや、使うほどに馴染む肌触り、あるいは作り手の想いなど、背景にあるさまざまな物語がモノに価値を与え続け、我々はそこに感情移入してしまいます。今回の番組テーマに選んだ「伝統工芸」もまた、豊かな物語を背景に、時代を超えて価値が続いてきたものたちです。その誕生の背景や歴史、技を守る人びとの想い、あるいは技の素晴らしさを知ることで、それまで以上に、作品が愛おしくなってくるにちがいありません。そして、この素晴らしい伝統工芸作品が、現代のライフスタイルに合ったプロダクトに変換されたときに、どこまで魅力的になれるのか。その一種の変身ショーもお楽しみください。

TOPに戻る