セキスイハイムpresents

アーツ&クラフツ商会

【放送】
毎月 第一および第三月曜日
夜11:00~11:30
ナビゲータ/坂井真紀

2015.07.14
「アーツ&クラフツ商會」出張展 in 二子玉川 蔦屋家電 イベントレポート

「アーツ&クラフツ商會」出張展 in 二子玉川 蔦屋家電 イベントレポート

TOP > インタビュー/レポート > 「アーツ&クラフツ商會」出張展 in 二子玉川 蔦屋家電 イベントレポート
世界に誇るニッポンの伝統工芸に魅了された店主が、その美意識と技術力をひもとき、
現代のアイデアで暮らしを豊かにしてくれる新しいアイテムを生み出す...。
そんなテレビ番組「アーツ&クラフツ商會」がこれまでに制作してきたニュークラフツの数々をお披露目しながら、
伝統工芸・ニッポンのものづくりに触れる体験イベントを開催。
ギャラリーの様子
書道家 武田 双雲
(中央)渡辺 いっけい (右)鳴子こけし職人の菅原和平
“交換こけし”の絵付け体験
個性豊かなこけし

開催概要

「アーツ&クラフツ商會」出張展 in 二子玉川 蔦屋家電
主催 / BS朝日、セキスイハイム
日時 / 2015年8月8日(土) ~ 9日(日) 10:00 ~ 21:00
会場 / 二子玉川 蔦屋家電
催事 / ギャラリー、ワークショップ、トークショー、マーケット

イベントレポート

夏休みまっただなかの8月8日(土)と9日(日)の2日間、
二子玉川 蔦屋家電にて開催した
「アーツ&クラフツ商會出張展in二子玉川 蔦屋家電」。
この番組初のイベントにたくさんの方々にご来場いただきました。

蔦屋家電内に、これまで番組で制作した
伝統工芸のニュークラフツ18点を展示したギャラリーを設置。
多くの来場者が足を止められ、
各々の作品を食い入るようにご覧になっていました。
なかには、「職人の技がこれほどすごいなんて」や、
「ぜひ商品化してほしい」との声も聞かれました。

トークショー

初日の8日は書道家・武田双雲さんによる
スペシャルトークショーを実施。

書道や伝統工芸としての書道具について、
持ち前の軽快なトークで笑いを交えつつ紹介。
イベントのテーマである「ずっと変わらない価値」を問われると、
書で「湧」と表現。「“湧いてくる”ことってすごく大事ですよね。
日々の暮らしのなかで、
つねに“ワクワク”する生き方を選択していくこと。
それがずっと続く価値になっていくんじゃないかな」
とコメントされました。

2日目の9日は番組のナビゲーターを務める
俳優・渡辺いっけいさんによるスペシャルトークショーを実施。

番組で伝統工芸の職人たちを紹介しているが、
自分自身も職人気質な俳優になりたいと思っていることから、
番組に携わることができて本当に嬉しく思っている
という言葉からスタート。
これまでの番組で特に印象が残っている回は「こけし」ということで、
鳴子こけし職人の菅原和平さんを交えしばし対談。
最後に「ずっと変わらない価値」を問われると、
「目線だと思う、守りに入らずに攻める、前を向く姿勢。
生きていく上で目線がブレないことが大事である。
どんなに辛くても前を向いて継承していくことが必要」
と締めくくりました。

ワークショップ

さらにこの2日間、親子がそろって楽しめる
伝統工芸品ワークショップも開きました。

鳴子こけし職人の菅原和平さんが講師を務め、
2日間で計60名程の親子や若者、年配者らが
「“交換こけし”の絵付け」を体験。
アニメのキャラクターを意識したものや水玉模様、花柄など
個性豊かなこけしができあがりました。
完成したこけしのなかに、日頃の感謝の気持ちを込めた手紙を入れて、
親にプレゼンをする子どもの姿も。
参加した子どもたちは「初めてで難しかった」
「うまく塗れたから嬉しい」と笑顔でいっぱいでした。

インタビュー/レポートに戻る